妊娠後期の腹痛トラブルが筋肉痛だった話

妊娠と出産のこと

3児の母、Misonoです。

妊娠後期のマイナートラブルって精神的にも本当に辛いですよね。
私も腰痛やむくみ、妊娠線、頻尿・尿もれなど一通り経験しました。

その中でも妊娠後期(出産の一週間前)に起きた腹痛は、恐怖そのものでした。。
早産になるんじゃないか・・・
お腹の子は大丈夫なのか・・・
いろんな不安がありましたが、私の場合、思いもよらない筋肉痛が原因だったみたいで。(ぇ

腹痛があったらまずはすぐ産院に電話してみてもらう事が先決です‼︎
迷ってないですぐ電話‼︎診てもらうべし‼︎
それで特に異常がなければ、もしかしたら・・・・それ、筋肉痛かも?

以下、腹痛の様子・診察結果・筋肉痛だと思った原因など書いていきます!

妊娠後期で運動を頑張りすぎている方
妊娠後期で原因不明の腹痛がある方(先生にちゃんと診てもらってね!)

需要がないかもしれなけど(笑)そんな方がいらっしゃいましたら
ぜひ読んでいってください!

スポンサーリンク

ずーっと続く痛み。

腹痛が始まったのは妊娠35週頃の午後14時くらい。
最初はツンツンした痛みというか、チクチクしてるっていうか。
ここっていうピンポイントの痛みではなく、全体的に生理痛・・・?みたいな痛み。

痛みは消えることなくじわじわ強くなっていきました。
陣痛の痛みとは違う。便秘でもない。胎動もある。

とにかく心配になって、妊婦健診の日じゃないけど、産院で診てもらう事に。
そのまま出産になるかもしれないので入院準備をしていきました。

NSTも内診も問題なし

NST中って眠くなる・・・

NST (ノンストレステスト)問題なし。
内診してもらったけど子宮口も開いていないし特に問題なし。

先生からは、原因がわからないけど問題ないから様子みてみて〜と。

問題なくてよかったけど、じゃあ原因は?
このお腹の痛みは一体何なのか・・・

腹痛の原因が筋肉痛だと思った理由

①重たいものを持った(棚とかボックスとか)

そろそろ臨月。できるだけ歩いたり・動く事を意識していました。
長男長女を産んだ時、どちらも体重が約3500gあったので、それ以上で産むことへの恐怖からとにかく運動!という頭でいっぱいでした。

腹痛が起こる前日から子供部屋(おもちゃ部屋)を掃除したいという衝動が。
結構重いおままごとキッチンやおもちゃ入れの棚とか全部動かしたいー!!
と、思い立ってひとりで配置換えをしました。

いやもう、これは重たいもの持ちすぎ
よく生まれなかったわ。って思うくらい頑張っちゃった。。

もちろんお腹に負担をかけないように気にしていたつもりで動いてました!
でも、やっぱりお腹に力が入っていたのかもしれない。。

②動きすぎ

コロナ渦だったため、外出ができなかったので近所を散歩したり、小さな庭を往復したりして歩くようにしていました。

ただ歩くだけじゃなくて、太ももを高めに上げて歩くように心がけたり(妊婦アスリート?)
少しお腹痛いなって思っても、散歩を最後まで続けたり、、、

とにかく出産への体力をつけたかったのです!

でも今思えば、動きすぎ。←

筋肉痛説が濃厚

結果、大事に大事に守ってきた(全く使っていたなかった)お腹に力を入れていたせいで、筋肉痛が起きたのでは?と思うようになりました。

最初は小さな痛みから始まったけど、胎動を感じる度に痛みが増してて、それはもう殴られているような痛さでした。。。
まさか重たいもの持ちすぎて腹筋が反応しているとは思わなかったです。

日を追うごとに痛みが和らいでいったので、やっぱり筋肉痛説が濃厚

まとめ

妊娠後期、臨月になると先生から歩いてくださいね〜とか言われますが、
『やりすぎ注意』です!!

私みたいに重たいもの持ちすぎたり、動きすぎたりするとマイナートラブルも増えて、
最悪早産になりかねない!

なので妊娠後期の方、無理しないでくださいね!
今のうちにたくさんたくさん休んでください!!

妊娠後期、出産が近づいてくるとマイナートラブルも沢山出てくる。
涙涙の妊娠後期・臨月。。

でも私も3度、乗り越えられました!
マイナートラブルには終わりがあります!あと少し!!
みなさんが笑顔で可愛いわが子に会えますように♡

最後まで読んでいただきありがとうございました!

\妊娠後期のむくみトラブル記事もあります/

コメント

タイトルとURLをコピーしました