母乳とミルクの混合育児をおすすめする理由

こどものこと

母乳が出なくて悩んでいた私
完母を目指していたけど、なかなかミルクがやめられない

なぜなら、そもそも息子がミルク推し(ミルク好き)だったから
母乳だけじゃダメだった。。。という衝撃的事実を前回お話ししました!

まだ読んでいない方はぜひ!こちらの記事です⇩

1人目の授乳で、ほんっとーーーに悩みに悩んで終えた混合育児。
完母を目指していたけど、卒乳後に思ったんです!

混合育児、結果的にはよかったんじゃない!?
と肯定することができました!

私なりに感じた混合授乳のメリットについてご紹介します♡

▽この記事を読んでほしい人▽

  • 完母を目指しているママ
  • 母乳の出が悪くて悩んでいるママ
  • 混合授乳を検討中のママ
スポンサーリンク

ミルクは腹持ちが良くて、よく寝てくれる

母乳は消化がいいので、すぐお腹すいて泣くし
月齢が進んでも、3時間なんて到底あかなかったです…

それがミルクだと腹持ちがよくて、よく寝てくれる!
だからお腹すいて泣く事も少なくなったし
何より母乳をあげる間隔があくので、母乳の出にくい私には
母乳も貯められて本当にありがたかった…!!

母にとって仮眠できる時間ってすっごい貴重だから
ミルク後はよく一緒に寝て疲れを取ってました◎

あと、わが家は出掛ける時にミルクを投入してから出掛けていました。
授乳の心配もなくて、寝なくてもご機嫌でいてくれるし
出先で大泣きされた経験ってあんまりなかったかな?

本当に助かりました!

母乳だけでは足りない栄養素を補える

専門的な話はここでは省かせていただきますが

母乳ってどのくらい飲んでいるかわからないので本当に厄介。
(いちいち体重計に乗せて、何ml飲めたーとか気にするのもストレス・・)

健診で、しっかり体重増加してるのがわかって安堵する。。
が、それまでは、ちゃんと母乳が飲めているのか毎日、不安になっちゃうんですよね。
ちゃんと大きくなっているかな?
栄養って足りてるのかな?って。

3人目が生後2,3ヶ月でぷくぷくと明らかに丸くなっているのに
私『母乳だけで足りてるのかな・・?』って謎に心配になって
実母『いや、この太り方、絶対足りてるでしょ。』
と突っ込まれる事しばしば。笑
足りてるってわかってはいても、ちゃんとした栄養は取り込めているのかな?
ただのデブなだけじゃない?大丈夫かなってもう心配は尽きませんー。。

母乳だけだと不安になることもあるけど、ミルクなら、どのくらい飲んだかが一目でわかる
栄養も取り込めるのでとにかく、いい!!

ミルク授乳は誰にでもできる!(パパでもばーちゃんでも)

上に2人子供がいると、ドタバタしがち。。
母乳をあげてる時に限って、上の子たちが牛乳こぼしたり
2人でケンカ勃発しちゃったり
落ち着いて授乳してあげられない事もあったり。

でもミルクならママじゃなくてもパパやおじいちゃん、おばあちゃん、
自分の兄弟だったり姉妹だったりもう誰でもあげられる!!

寂しくならないように少しでも上の子をみててあげたいと思うので、
ミルクでの授乳は本当に助かります!!

長男だって長女だって弟にミルクあげられるし兄弟愛が増しますよね!!
誰かがミルクをあげてくれてる間、束の間の休息もとれるし
あげてくれてる人と赤ちゃんとの愛も育める♡

離乳食が順調に進む

混合授乳で育った長男は、どんどん離乳食を食べてくれた記憶があります。
逆に完母で育った長女(第2子)は、まず哺乳瓶を拒否なためミルクも飲んでくれないし、麦茶も拒否だしおかゆも一口食べておしまいとか、進みが悪くて苦戦してました・・。
性格の問題とかもあるのかな?完母・混合だけが原因ではないとは思いますが・・!

でもやっぱりミルクの味に慣れてると、ミルク粥とか野菜をミルクでのばしてみたりしたものはよく食べてくれた印象があります。

3人目の次男には、離乳食がうまく進むように
4,5ヶ月頃からミルク強化月間を開催して離乳食に備えたいと思ってます!!

まとめ

個人的に混合育児をおすすめする理由として
・母乳に比べてよく寝てくれる
・ミルクは栄養たっぷりで成長に安心感
・ミルクは誰でもあげられる(ママはその間リフレッシュタイム♪)
・離乳食の進みがいい感じ


とにかくミルクは、母を助けてくれるもの。
母乳のこだわりたい気持ちもわかるけど、ミルクだっていいところだらけ
完母を目指すのもいいけど、産後ってほんとーーーに疲れやすい!
自分が思ってる以上に、感じてる以上に疲労困憊してるんです。
出産してから数ヶ月後、当時に自分を思い出してみると心当たりが・・・

赤ちゃんも子供も、母の疲れた顔を見ています。
できるだけ笑顔のママでいたいですよね。同じように育児しているママさん!
ともにこの時期を乗り越えていきましょう!!

ここまで読んでいただきありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました