5人家族がハイエースバンに乗るデメリットPart2(産後編)

ハイエースバンのこと

6歳・3歳・0歳児の母ちゃんとして
毎日ハイエースバンを乗り回しているわけですが。

メリットよりもデメリットばかり目に付く・・・
でも、乗って2年経つと愛着も湧くものですね。

がしかし、毎日苦労しながら乗ってます。←
赤ちゃんがいるこの時期では尚更、しんどい・・

今回は出産後、本格的に子供3人を乗せるようになって感じたデメリットをツラツラ書いていきます!
ちなみに前回は妊婦ママ目線で書いています⇩⇩⇩

まだ読んでいなかったらぜひこちらも読んでみてください!
それでは書いていきます!

スポンサーリンク

出産して数日の身体にハイエースは過酷すぎる・・・

まず、陣痛中のあの揺れはまさに地獄でした。。
そりゃもちろんパパも安全運転で行ってくれてるわけですが、それでも揺れます・・

もう軽くアトラクション状態。(思い出すだけで恐怖。

妊娠中・陣痛中にハイエースに乗る方。
ほんと注意しながら運転してほしいと切に願います。

無事出産したわけですが、もちろん普通に座れる状態ではなくて
ドーナツ型クッションを駆使して食事や授乳をしていました。
そしてできるだけ横になるように心がける。

傷よ、早く良くなれと願う毎日。。

やっと、なんとかクッションの手も借りずに座れるようになったタイミングで退院。

やっと帰れるーーーー!!
赤ちゃんと共にハイエースに乗り込んだわけですが。。

普通のちょっとした揺れもいつも以上に響く!
道路の繋ぎ目?部分を走る時は、ガッタンガッタン揺れる揺れる。
傷口が、ひぃぃぃーーー‼︎‼︎‼︎ってなるくらい緊張しっぱなしで乗ってました・・

たった30分の帰り道でしたが、しんどかったです、揺れが。
陣痛中の車の揺れに比べたら、気持ち的には楽だったけど
『やっぱり揺れるな、この車・・・』って痛感しました。

妊娠中・陣痛中・産後に出来れば乗りたくない車かな・・・←

上の子2人が乗る場所を巡って喧嘩勃発

わが家の車はハイエースバンで5人乗り
もちろん赤ちゃんのチャイルドシートは一番安全な運転席の後ろに設置。
そして上の子たちは助手席か助手席の後ろの席どちらか。
私はというと運転する時以外は後部座席の真ん中に座ります。

最初はしっかり座っていられる5歳の長男を助手席に乗せていました。

でも助手席に座る長男の乗せ降ろしは妊娠中も産後も大変でした。
長男が6歳になると、『赤ちゃんの様子を見たい、お世話したい。』と言い出したので
長女とチャイルドシートの位置を交換しました。
(助手席の乗せ下ろしは軽い体重の方が断然いい!)

しかし、長女は兄の座るチャイルドシートが好きで、なんなら兄の隣に座りたがることも。

でも後部座席の中央はシートベルトが腰にしかできないタイプ。
チャイルドシートは付けられません。
子供が3人並んで座ることはまだまだ不可能な年齢。
となると、乗る場所を巡って喧嘩が勃発します。

私がだんだんに子供3人乗せて運転することに慣れ始めた頃、子供達も自分が座る位置に慣れてきたようでそこまで喧嘩することもなくなってきました。

みんな後部座席に座らせられたら楽なのにな・・・

運転席から後部座席の子に物が渡せない

ハイエースバンの後部座席は位置を前後に移動させることができます。
わが家は最初、後ろ側に移動させて使っていました。

でも、そうすると運転席と後部座席がかなり離れます。
咄嗟にティッシュが必要になった時や渡したいものがあった時、
左腕を後ろに伸ばしても全く届きません。
(ティッシュは後ろにも設置して解決!)

また、長女が後ろに乗る時は、後部座席を前側に設置したとしても物を渡すことができません。
以前の車では簡単に渡すことができたので、最初はほんとに不便でした・・
子供って、食べ物や飲み物をよくこぼすんですよね。。
ということでわが家は後ろにタオルを数枚常備してあります。

それから、子供たちのシートベルトをし忘れて運転席に座っちゃう時ってありませんか?
後部座席との距離が近かったら後ろに身を乗り出せば付けられるのに・・・

ミニクロスオーバーの時はそれができたので、本当に不便に感じました。

だって運転席に乗るのも位置が高くて大変なのに、
それをまた降りてまた乗ってー・・って繰り返すのがすごく面倒!!

忘れっぽい&面倒くさがりさんには後部座席が遠いって、しんどいです。

赤ちゃんのおむつ替えが大変

後部座席にはチャイルドシートが2台乗っているため、オムツ交換となると場所は2択
後部座席中央か、その後ろのベッドキット

後部座席中央部分は幅が狭くて早々にそこでのおむつ替えはできなくなりました。
なので実質交換場所はベッドキッドでということになります。

バックドアを開けて、赤ちゃんを寝かせて自分は立ちながら変える事もできました。
でも秋になると肌寒くてかわいそう。ドアを開けながらの交換は無理かな。

となると、私と赤ちゃんがベットキットへ移動して交換していました。
でもね、ほとんどが時間との勝負だったりもするので。
(漏れない⁉︎約束時間に間に合う⁉︎とかね…..)

だから後ろに移動する時間がもったいない!!

そこであみ出しました。
私が後部座席の中央に後ろ向きで立て膝をつき、赤ちゃんをベットキットに寝かせてオムツを交換するというワザ。

時間もかからずサササっと交換できます。ただ体勢はきついですが。。

ちなみに立てるようになれば全然関係なく楽。←

あと長男のチャイルドシート(ジュニアシート)は、背もたれ部分と座面部分をはずしても使えるタイプのもの。
こーゆーやつです⇩⇩

これに乗っている長男を後ろのベットキットへ移動させて、
このチャイルドシートの背中部分だけを横に倒してその上でおむつ替え。というワザも編み出しました!笑
これは半年までなら、なんとかなりそうです!

まとめ

  • ・出産前後のハイエースの揺れは過酷
  • ・上の子2人が後部座席に乗りたくて喧嘩
  • ・運転席から後部座席が遠い
    ・赤ちゃんのおむつ替えが大変

やっぱり5人家族で5人乗りハイエースは大変。
もう少し子供達が大きくなればマイナス部分も減ってくると思うんだけどね。
子育て真っ只中な方には不便な車かな・・・。

以上、私が感じたデメリットでした!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました