【コロナウイルス】妊婦の私がいま思うこと

妊娠と出産のこと

3人目妊娠中のMisonoです。
(書いている今現在、妊娠8ヶ月)

妊娠中のみなさん。
毎日不安でいっぱいの日々を
過ごしていることと思います。。

わが家では、
コロナウイルスの影響で
全国に緊急事態宣言が出される前から

長男の幼稚園を休ませたり、
外出も控え
おうちで過ごしています。

が、同じ妊婦さんでも
働きに出ざるを得ない妊婦さんが
まだまだいるという現実。。。

5歳の息子は

『コロナウイルスにならないように
 おうちにいるんだよね?』


『コロナウイルスいなくなったら
 遊びに行けるんだよね?』


と毎日のように聞いてきます。

こんな小さな子が我慢してる。
と思うと、ほんっとーに泣けます。。


私にできることは
限られてしまいますが

コロナウイルス感染症で
私がいま思うことを発信することで

一人でも多くの方々に
今の妊婦の現状を
知っていただけますように。

スポンサーリンク

妊婦の私がいま置かれている状況

・妊婦健診は、付き添い不可(ひとりで受けること)

・出産時の立ち会い禁止

・出産後の面会禁止

・ベビー用品の品薄

今回は4点について
今思うことを順番に書いていきます◎

妊婦健診に行く時の子供達をどうするか問題

妊娠8〜9ヶ月の妊婦健診は2週間に1回。

それより前は、
長男が幼稚園に行っている間に

2歳の娘を義母に預け、
健診を受けていました。

義母は看護師なため忙しく、
無理な時は、そのまま娘を連れて受けていました。

ですが、
全国に緊急事態宣言が出てから
これはもう、義母にも
近くに住む義姉にも
遠めの実父母にもお願いできない・・・

となると、
残るは日曜しかお休みのない
パパに頼むしかない。

全然幸いじゃないんだけど

コロナの影響で仕事が減っているとのこと。

土曜日もボチボチ休みな日が
増えている状態なので
パパからは、多分大丈夫だよ、と。

いつも臨機応変に対応してくれる
子持ち社長さんにも感謝!


でもいつも土曜日は激混みで
予約はほぼほぼ埋まっちゃう産院。


アプリを使って予約しようとすると・・・

え?
土曜日、、めっちゃ空いてる・・・!!


なんで?いつもなら1ヶ月後でさえ、
予約でいっぱいなのに。。

ついでに平日も見てみたけど
こちらもガラ空き。

平日でも行きたい時間に
予約が取れることはほぼないのに。

でも4月あたりから
駐車場も空いてた気がするし
待合室にも私以外に2,3人しかいない。

予約はまだまだ取れる状況だから
きっと診察を自粛されてる方がたくさんいるんだろうなって。

そのお陰で、人との接触が少なく済んで
安心して受けられるこの状態に感謝しかない。。

産まれるまでは
パパの会社にも迷惑をかけることになるけど
土曜受診でいこうと思う!

立ち会い出産禁止

感染防止対策で立ち会い出産が禁止。
悲しい・・・
ほんとに悲しい・・・

でも、周りのことを考えたら
もうしょうがないことなんですけどね。

こんな時期に出産になってしまって

パパと一緒に
この世界に迎えてあげられなくて
ごめんねって気持ちでいっぱい。


出産ってほんとに壮絶な痛みとの闘いで
毎度毎度、子宮口全開になるまで
心が折れてます。←

そんな時に、笑って
がんばれ〜と腰をさすってくれる夫。


そう、彼はいつも
笑ってるんですよ。

こっちが痛くて痛くて
叫んでるのを見ながら

必死になって耐えてるのを見ながら


奴は、笑ってるんですよーーーーー!!!!!!!(怒)


緊張していると
笑っちゃうらしい夫。

それでも笑うなよ!!
必死なところ、笑うなよ!!

と、めちゃくちゃイライラしながら
痛みに耐えて、イライラに耐えて←
出産に臨んでいます。

でも、やっぱり隣にいるのと
いないのとでは、全然違うんですよね。

2人で授かった子どもだから
生まれた瞬間、一緒にいたいんです。

生まれてきてくれて、ありがとう!って
二人で言いたいんです!!

パパに抱っこしてもらいたいんです!
壮絶な陣痛を一緒に乗り越えて
一緒に迎えたいんですー…

立ち会いっていろんな意味を成すと思います。

『いてくれるから安心。頑張れる!』
とかだけじゃないんですよね。

だから、笑ってしまうパパを
イラッとしてしまう瞬間があっても←

やっぱり産まれる瞬間を
分かち合いたいなって

禁止になってしまった今でも
思ってしまいます。

でも、このコロナウイルスが広まるなか
同じ妊婦さんたちは、
いろんな不利な状況のなか
新しい命と向き合って

出産に臨んでいます。

私の友人も初めての妊娠で
この状況のなか、

4月20日に男の子を出産しました!
ほんとにほんとにおめでとう!!

コロナが終息したら
絶対会いに行くからねー!!!


もうこの時期の妊婦さんは
同志ですよね!
他人には思えないです、ほんとに!


私も、その時がきたら、
精一杯、頑張ります!

これから出産を控える妊娠中の方。

出産は、始まりにすぎません。

一緒にこの苦境を乗り越えて

めっちゃくちゃかわいい赤ちゃんを産んで
共に、育児を楽しみましょう!!

出産後の面会禁止

私のプロフィールにも書きましたが
(読んでない方はこちらも▷プロフィール)

もともと精神的ダメージを身体に受けやすく
体調を崩しやすい状態にあります。。
(一人目の妊娠からも安定剤として薬を服用中)

出産は本当に体力がいるし
精神的なダメージも計り知れない。

2度の出産経験がある私ですが、
1度目は、心身共に出産ダメージが大きく

次の日からの母子同室に
不安しかなかったです。

そんな状態の私を
実母と夫が支えてくれて
なんとか退院できたものの、、、

結局心と身体がしんどくて
産後3ヶ月くらいまで、産後うつでしたね…

里帰りしていたけど
毎日顔を合わせていた夫と
週末しか会えない時間が

本当にしんどくて
精神的に支えてくれる夫の存在の大きさに
改めて気づかされた期間でした。

私みたいに産後うつになる人って
結構な確率でいると思うんです。

だから産後のケアって
すっごく大事だと思っていて

産後の面会禁止は、
私にとっては死活問題。←

しかも今回は
かわいいかわいい息子と娘にも
出産時からしばらく会えないという3倍ダメージ。

もしも、帝王切開になったら
入院の日にちが伸びて
もっと会えなくなる…

そう思うと、もうほんと
悲しいし寂しいし…

病室の窓越しで、
バイバイってするんだろうなって

思うだけで、もう泣きそう。笑


でもそんなの吹っ飛ぶくらいに
赤ちゃん、かわいいんだろうな♡←

夫・息子・娘に愛情を届けられない分、
めいっぱい赤ちゃんに愛を注ぎます!!

家に帰れば、わーわーぎゃーぎゃー
うるさい生活が待っているのよ、

3番目の宿命ですよね。

騒音でも寝ざるを得ない状況になるから
入院中はママと静かに
貴重な二人生活を満喫しようと思います!

そこまでの余裕を持てるか
わかりませんが。笑

初めて出産を迎える妊婦さんにとっては
出産後の面会禁止は
本当に堪えると思います。。

でも、助産師さんや先生、看護師さんの助けを借りて
そして夫に電話しまくり
不安なことは、いっぱい吐き出しましょう!!

面会禁止で気持ちが不安定なことも
病院にいる皆さんは、わかってくれています!
(なかには厳しめの看護師さんもいたけど…)

でもきっと寄り添ってくれる人が
一人でもいるはずです!

産後うつにならない為にも
我慢せず、吐き出してくださいね!

そして、かわいいわが子との
二人の時間を満喫してください♡

ベビー用品が欠品・高騰で買えません…

うちにある体温計は婦人用体温計で
時間がかかる・・・

激安で買ってみた体温計は
なんだか合ってるのか、合っていないのか・・・

そろそろまともな体温計がほしいと
思っていた所に、広まってきた感染症。

できれば薬局等には極力行きたくないので
ネットで購入を検討してみるものの

欠品と、そして値段高騰。
普通の値段で売っていない…

ほしいけど…
使いづらい体温計で今は我慢。

そろそろ入院準備と、赤ちゃん用品を
揃えなくちゃだな〜と
のんびりしていたら、沐浴等で使うガーゼが

・・・売り切れ・・・?

子供達のマスクを作ろうとした時も
お気に入りの生地屋さんのガーゼ生地が
売り切ればかりで買えなくて、

私が腹帯として使っていたサラシとか
赤ちゃんスタイを手作りした時の
残りの生地を使って作ることに。

まさか、赤ちゃんのためのガーゼまで
活用されるなんて考えもしていたなかったので

完全に買い損ねました…
Twitter上では
たくさんの妊婦さん・ママさんが
赤ちゃんのためにベビー用ガーゼが買えない状況に
なっています。

きっと介護用のガーゼもマスクのために
代用する人もいるんじゃないかと…

マスクが品薄で、
どうしてもガーゼ生地が欲しい方も
いらっしゃると思いますが、

ぜひ、赤ちゃん用・介護用ガーゼなどは
本来の用途として使えるように
グッと堪えてほしいです、切実に。。

そして、新しいガーゼ私もほしいけど
上の子のお古ガーゼがあるので
とりあえずそれで凌ぎます。

本当は、肌着とかガーゼ類は
新しいのを使ってあげたいんだけど

この状況では贅沢すぎると思うので、
他の妊婦さんが購入できることを願ってます!

まとめ

私の場合、
コロナウイルス感染予防のために

・妊婦健診時の付き添いは禁止
・出産時の立ち会い禁止
・出産後の面会禁止


で、すでに心が折れかかっていますが
追い討ちをかけるように

赤ちゃん用品の品薄という状況。


妊婦の自分に
優しくしてほしいんじゃないんです。

これから生まれてくる赤ちゃんに
優しくしてほしいんです。

母は、自分より
赤ちゃんが大事なんです。

赤ちゃんの未来のために
優しい世界に(日本に)なってほしいです。

長々と書いてしまいましたが
ここまで読んでいただき
ありがとうございました!

妊婦の皆さん、共に
この辛い時期を乗り越えて

かわいい赤ちゃんに出会いましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました